TOP講習のご案内>人材開発支援助成金【特定訓練コース】
人材開発支援助成金【特定訓練コース 熟練技能育成・承継訓練】

詳しくはこちらをご覧下さい(厚生労働省HP)

【受給できる事業主】

  1. 雇用保険の適用事業主であること
  2. 中小企業主であること
  3. 受講者が雇用保険の被保険者であること
  4. 訓練を受けさせる期間に所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払っていること
  5. 労働保険料過去2年間を超えて滞納していないこと
  6. 訓練計画提出日の前日から6ヶ月前までの間に事業主都合による解雇などが無いこと など

【助成内容】労働生産性を向上させた事業主には賃金助成及び経費助成について引き上げされます。1人当たりの助成金に上限があります。

  • 経費助成 − 講習会費(消費税を含む)の45% (生産性要件を満たす場合は60%)
  • 賃金助成 − 受講者1人当たり1時間760円(生産性要件を満たす場合は960円)

【助成金支給までの流れ】※申請様式はこちらからダウンロードしてください。

1.事業内職業能力開発計画の策定等 (提出・相談先:愛知職業能力開発サービスセンター)

  • 職業能力開発推進者の選任
  • 事業内職業能力開発計画の作成

2.訓練計画の作成・提出 (提出・相談先:愛知労働局 あいち雇用助成室)

  • 訓練計画の作成
  • 訓練開始日の前日から起算して1ヶ月前までに「訓練実施計画」と必要書類を労働局へ提出
    ※実施時間等のカリキュラムはこちらでご確認下さい

3.講習会の受講(当協会にて

  • 助成金利用を希望される方は、講習会の申込の際、「助成金を利用する旨」をご連絡下さい。
    講習申込書には助成金希望のチェック項目があります)
    講習修了後に、OFF-JT実施状況報告書訓練カリキュラムを作成・証明しお渡ししますので、支給申請の際にご利用下さい。

※上記書類の発送には、講習最終日から一週間程度お時間をいただきます。

4.人材開発支援助成金の支給申請(提出・相談先:愛知労働局 あいち雇用助成室)

  • 講習修了後に支給申請の書類を提出して下さい。
    ※受講後2ヶ月以内に提出して下さい。
  • 申請様式一覧(厚生労働省HP)

5.助成金受給

  • 審査の上、支給・不支給が決定されます。

【対象講習】

  1. クレーン運転実技教習
  2. 玉掛け技能講習
  3. 床上操作式クレーン運転技能講習
  4. 小型移動式クレーン運転技能講習
  5. 玉掛け技能講習とクレーン運転特別教育との併合講習

【提出・相談先】

厚生労働省 愛知労働局
職業安定部 職業対策課
あいち雇用助成室 第一係

TEL:052-688-5758

〒460-0008愛知県名古屋市中区栄2-3-1
名古屋広小路ビルヂング11階

(申請する事業場の所在地が愛知県以外の場合は、その所在地を管轄する労働局が提出先となります)

※Acrobat PDF形式をダウンロードする場合、Adobe Acrobat Reader(無料)が必要です。


〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-2-15 東照ビル2F
TEL:052-231-4633 FAX:052-231-3219  tks@jcatokai.jp
【受付時間】9:00〜17:00(土日祝日を除く)