TOP講習のご案内講習の詳細案内一覧>移動式クレーン定期自主検査者安全教育講習会

 労働安全衛生法第45条第1項により、事業者は、つり上げ荷重0.5トン以上の移動式クレーンについては、1年以内ごとに1回及び1ヶ月以内ごとに1回、それぞれ所定の事項についての定期自主検査を行うことが義務付けられています。

 当講習は、厚生労働大臣の定めた指針に従い、自主検査の適切かつ有効な実施を図るため、移動式クレーンの検査及び荷重試験並びにこれらの結果に基づく判定等の業務に従事する方に対して必要な知識等を付与するものです。 

 当講習を修了された方には即日修了証が交付されます。

 また、修了された方が定期自主検査を実施した場合には、日本クレーン協会が発行するステッカーの購入・貼付ができます。
※詳しくは、こちらをご覧下さい。


1.カリキュラム内容

科目
時間
移動式クレーン定期自主検査の意義
0.5時間
関係法令及び災害事例 0.5時間
移動式クレーンの上部旋回体、下部走行体及びアウトリガの検査に関する知識 3.0時間
移動式クレーンのフロアアタッチメントの検査に関する知識 1.0時間
移動式クレーンの安全装置の検査に関する知識 1.0時間
移動式クレーンの荷重試験の方法及び各部給油一般の検査に関する知識 1.0時間
合計 7.0時間




2.講習日程

講習日程は、こちらで確認をしてください。


3.講習会費(講習会費はすべて税込み価格となります)

非会員
会員※1
13,400円
(講習会費8,655円+テキスト代4,735円)
12,400円
(講習会費8,655円+テキスト代3,735円)

※1、会員とは、お勤め先が(一社)日本クレーン協会東海支部の会員事業所として登録されている方です。ご不明な方は、確認をしてください。

講習の詳細案内一覧に戻る


〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-2-15 東照ビル2F
TEL:052-231-4633 FAX:052-231-3219  jcatok@jcatokai.jp
【受付時間】9:00〜17:00(土日祝日を除く)